中堅ナースの転職はどうなっている?

看護師の離職問題で、特に今、病院の頭を悩ませている問題に中堅ナースの離職があるそうです。ちょうど経験を積んで数年している看護師を中堅ナースなどということがあり、この看護師たちは現場で新人ナースの指導などにもあたります。


看護師として即戦力になる経験がある中堅ナース

転職を行うにしても、基礎をしっかり積んでいるため病院のやり方さえわかれば即戦力として働きやすい中堅ナースは、東京や大阪などのナース不足が深刻な地域では、非常に重要な戦力と考えられるそうです。ちょうど30代に差し掛かる程度の年齢が多いようですが、病院としては新人ナースの離職を防ぐために、この年代のナースのケアをおざなりにしてしまった結果、現場の戦力を失ったという問題があるそうです。


新人と上司の板挟みに耐えきれない人が多い?

この年代になると、仕事に対する自信がないなどの理由で離職するケースは非常に少なくなるそうです。一方で、病院の新人へのケアだけで精いっぱいなやり方への不満が爆発して、他の病院へ移るというケースが多いと言われています。病院にとって必要な新人を大切にする気持ちはわかりますが、今、戦力となっている看護師のケアの問題はまだ解決が難しいようです。

看護師の転職はキャリアアップを応援してくれる病院へ

看護師の転職で今問題になっているのが、中堅ナースだと言われているそうです。病院としては今以上の離職などを防止したいなどの理由から、新人ナースへの教育を、「叱らないでほしい」、「怒らずに教えてほしい」という希望を出している病院もあります。教育係にあたる中堅ナースは、板挟みとなってしまうという現象を起こす病院もあるそうです。


キャリアアップを考える看護師の足止めに?

看護師だけではないかと思いますが、新人指導はその道を歩んできた先輩が、上司の指示をもらって行います。しかし、ある程度は看護師へ仕事を任されてしまうため、現場でメインで活躍し、忙しく負担も大きい中で、神経を使う新人指導が加わり、問題があると自分が怒られてしまう、という状況にあるのだそうです。これでは、希望の科にいても、専門資格の勉強などを行う時間がない、という声や、新人を大切にするあまり、最も即戦力になる看護師は二の次と不満が増える環境は東京だけではないそうです。


資格取得へ積極的な病院を探そう

しかし、新人の教育体制などは中堅看護師には変えることができないことも多いそうですから、資格取得やキャリアアップをもっと望むことのできる病院への転職が増えるそうです。現場で既に働いていますから、即戦力もありますし、このようなナースを希望する病院も多いそうです。

看護師転職はナース服の規定などをチェック!

病院などへ行くと、看護師さんの白衣を目にしていると思いますが、最近、少しずつこの白衣にも変化があることに気づいていますか?スカートだったものがパンツスタイルになったり、今では白ではなく青やピンクなどの鮮やかな色を着ていたりします。


看護師の制服、ナース服の変化

まず、大きく変わったことがナースキャップの廃止です。帽子は現代では不衛生になってしまうことや、自分の予想しない高さにナースキャップがあり、救急の患者さんなどの機械に触れてしまったことがあるなど、医療事故につながりかねないという危険性があることから、多くの病院ではナースキャップをかぶることは激減しているそうです。時代と共に、看護師の仕事着であるナース服も変化しています。


白衣の着用を行わない科も

転職を行う場合には、その病院のナース服の考え方なども聞いてみましょう。東京だけでなく、多くの小児科ではナース服の導入の廃止や、白衣の上から明るい色のエプロンをかける、名札をキャラクターのものにするなど、工夫を行うこともあると言われています。これは自分の症状を上手に話せない子どもが、白衣を見て緊張しないように、看護師を相手に、なるべくリラックスできるようにという配慮があるそうです。看護師の服装規定でも病院の考え方などがのぞけるかもしれませんよ。

看護師の転職で、専門サイトを利用するとわかること

看護師の転職を応援するサイトが増加しているそうです。専門の知識をもったコーディネーターがおり、新しい病院の検索や、希望する条件にあった求人を探して紹介してくれるだけでなく、たくさんの環境を知っているなど情報面でも、優れているそうです。


看護師サイトを使って今の病院を知ろう

ナースは一度就職をすると、他の病院の環境などを知ることは難しくなるそうです。患者さんとしていくことで見えるのは非常に表面的なことですし、見えない部分での仕事も多いこと、他の病院のナースと話すきっかけなども少ないことが問題と言われるそうですが、転職サイトであれば、コーディネーターが様々な病院へ出かけているため、今の病院が給与面でどうなのか、勤務時間などはどうなのかを教えてもらうこともできます。


全国に対応しているから復帰も

結婚や出産などで、前に働いていた地域から変わってしまっていても、このようなサイトは東京以外にも全国の病院に対応しているので、心配もないそうです。復帰に関しても、看護師として働く間は託児所で預かってくれる病院など、育児面でも応援してくれる病院の紹介を行うことも多いそうです。キャリアアップや復帰、ブランクのあるナースなど、あらゆるナースのバックアップをしているそうです。

男性の看護師が転職を行うときに気を付けたいこと

看護師にあるイメージは女性の職場というものかと思いますが、現在は男性も少しずつですが増加傾向にあると言われています。まだ全体の1割にも満たない男性看護師ですが、力が女性よりも物理的に強いことや、給与面でも安定していることなどから、今後も増加すると考えられるそうです。


男性看護師が転職をするなら希望の科を重視

男性看護師の転職の場合、多くの理由が希望する科への配属が今の病院ではかなわない、という様な理由が多いそうです。力の強い男性は、病院としてもできるだけ体力の必要になる科にいてほしいということもあり、本人の希望する看護ができないという問題は多いと言われるそうです。しかし、出産などでの離職が少ないことから東京都内でも大きな病院の男性ナース受け入れを希望する病院そのものは多いと言われるそうです。


自分の行いたい看護を見据えて

看護の仕事では、ナースの資格を取ってからも認定看護師など多くの資格にチャレンジすることが可能ですが、これも希望の科に配属されない限りは、キャリアを積むことが難しくなります。多くの場合は該当する科で3年以上の勤務などが条件となるからです。またこのような資格では昼に講習を行う場合もありますから、バックアップしてくれる病院という部分にも注目しましょう。

看護師転職で辞めることを伝えるタイミングは?

看護師は年々、資格を所有する人の増加はあるのですが、離職率が高く、なかなか病院に人が定着しないという悩みを抱えているそうです。看護師の仕事が心身ともに負担が大きいことや、人が定着しないことで、新人育成の環境が整わないなどの問題もあるそうです。


看護師を辞めたい、転職の意志を伝えるとき

看護師がただでさえ不足している、ギリギリの人数でなんとか業務をこなしているという病院もあることから、人口が多いと言われている東京でも転職をしたくてもやめることができない、辞める意思を伝えたら、職場にいにくくなってしまったなどの問題もあるそうです。そこで問題になるのが、辞めることを伝えるタイミングなどになるかと思います。


三か月前には相談を、辞める意思をしっかりと

人材が足りないのですから、当然のことながら強い引き留めにあう、または婦長など上司が辞職の話を取り合ってくれないというケースもあるそうです。そのため、転職をすると決めたら、意志を強くもつことなども大切なのだそうです。引き留めにあい、そのままずるずると今のまま不満を持って続けてしまうというケースもあると言われていますから、辞職の意思を伝えたら、しっかりとした態度でいることも大切です。また、上司に話すまでは同僚などにも黙っておくことも忘れずに。